仙台でヒアルロン酸注入をした場合の持続期間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒアルロン酸注入を仙台で受けた場合、その効果の持続期間はどれくらいなのでしょうか。一般的に言われている期間は、6か月から1年と言われています。しかし、ヒアルロン酸注入にも様々なものがあり、長期持続型ヒアルロン酸であれば、3年から5年ほどの持続が期待できます。
ただし、これには注意が必要です。持続期間が長ければ長いほど良いというわけではないからです。その薬の特性と、患者さんの要望や体質によって使い分けることが大切だからです。また、ヒアルロン酸注入はすぐに効果が表れるわけではありません。注入されたヒアルロン酸はゆっくりと体内に吸収・分解されていくために、その効果や持続期間も人によってまちまちになります。
また、持続期間が短いということは、必ずしもデメリットにはなりません。なぜならば、持続期間が短ければ、たとえ施術後のイメージが自分で思い描いていたものと違っても、その悩みが短時間で解消されるということです。自分の理想とするものにするためには、かえって短期間の方が次のやり方を試すことができて、早く理想の姿を実現できるというメリットもあるのです。

仙台のヒアルロン酸注入なら安心です

ヒアルロン酸注入では、持続期間のみを問題にする人がいますが、それは必ずしも正しい見解ではありません。なぜならば、薬液は様々なメーカーが作っており、また種類も数多くあります。ヒアルロン酸自体は私たちの体にあるものなので問題はないのですが、薬液にする際にヒアルロン酸を安定させるために薬剤を混入させたり、長持ちするものを入れたりすることがあります。
これらが人によってアレルギーを生じさせたりすることもあるので、単に持続期間が長いから良いものという判断はできないのです。仙台の病院のように安全を第一に考え、その人にぴったりと合ったものを選び、その上、注入技術の優れた医師が在籍していることが一番大切だと言えます。

持続期間より大切なヒアルロン酸注入剤の材料について

ヒアルロン酸については、その持続期間よりも大切なものとして、そこに使われている材料があります。まず、シワを埋めたり溝を盛り上げたりするために注射をして、ボリュームを増加させる物質としてフィラーと呼ばれる注入材を使うことになります。このような注入材としては、ヒアルロン酸以外にコラーゲンやハイドロキシアパタイトなどの合成注入材があります。これらの中でヒアルロン酸やコラーゲンは、体内で自然に作られる物質なので安全といえます。ただし、コラーゲンの中には体質によってはアレルギー反応を起こすものもあり、治療の一か月以上前にアレルギー検査をする必要があります。
このように持続期間よりも、注射そのものに何が使われているかの方がより重要であり、そこにこそ注意を向けるべきなのです。