ヒアルロン酸注入により仙台の病院でしわを改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は年齢を重ねると、どうしても顔にしわができてしまいます。そんな時にまず最初に思いつくのが、仙台でも行われているヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸注入剤には様々な種類があり、部位やしわの状態によって使い分けられています。たとえば仙台の病院では、額や目尻、ほうれい線、口元などの比較的中程度のしわ改善には、ベロテロと呼ばれる「多重高密度マトリクス」という特許技術によって製造された注入剤を使用しています。また、ベロテロソフトと呼ばれるものは、浅い小じわや比較的軽度のしわなどに使われます。これは微粒子がなく、高粘性で均等な構造を持っているために真皮へ良く馴染み、仕上がりが滑らかになる特性を持っています。このようにヒアルロン酸注入は、部位や人によって使い分けられています。

しわについて

しわを改善しようと思っているのなら、まず初めにするべきことがあります。それはしわに対する理解です。なぜしわになるのかという原因やメカニズムを知ることで、治療以前に対策をすることができるからです。
しわは、表情を作る筋肉が動くことでできる細かい溝や線のことで、通常であれば元に戻るのが、元に戻らずにそのまま残ってしまったものをいいます。しわになる主たる原因は日焼けと乾燥ですが、それ以外にも精神的なストレスや肌へのケアをおろそかにしたことも原因となります。しわの代表的なものとして額じわがありますが、これなどは皮膚の弾力性を保っているコラーゲンやエラスチンが加齢や紫外線などによって破壊され、元に戻らなくなってできるものです。
また、水分不足によってできるしわもあります。外気が乾燥していたり、あるいは暖房やクーラーによって室内が乾燥すると、肌の角質層の水分も減少し、肌自体が乾燥してきます。この結果しわとなるのです。ですから、乾燥肌の人は特に注意が必要ですが、そうでなくても肌の乾燥が気になる時には、スキンケアで肌の潤いを保つ努力をしなくてはなりません。

自分でできるしわ対策

自宅のセルフケアでしわは対策できます。ケアのためにはまず、しわにどんな種類があるのか知っておきましょう。しわには、ちりめんじわ、表情じわ、真皮じわという三つの種類があります。それぞれに対策方法が異なりますので、ご自身のしわがどれに当てはまるかチェックしましょう。まずちりめんじわは浅い小じわです。乾燥によって引き起こされます。このしわの場合は乾燥しないように気を付け、常に潤いを保つように注意します。このしわは比較的回復しやすいので、このことに気を付けていれば自然となくなります。
次に表情じわですが、これは笑った時や怒った時などの表情の中にできる線で、これが元に戻らずにクセになったものです。若い時には笑顔の中に一時的にできたしわも、元の表情に戻ることでなくなりますが、年齢を重ねるにしたがってそれが定着してしまいます。そして次第に額や眉間などに目立つようになってきます。表情じわは、笑ったりしたときに顔に力が入り、表情筋に必要以上の負荷がかかることでしわになってしまうのです。これをなくするには、自分の日頃の癖を直すしかありません。表情の中に何げなく表れてくるしわを、意識して作らないようにすることが大切です。また、姿勢も大きな影響を与えています。いつもしている姿勢の中で、どこかへ不自然なしわを作っている姿勢がないかどうかをチェックしましょう。たとえば、いつも頬杖をついている人は、その圧迫された部分にいつの間にかしわができてしまいます。そんな無意識に作っている姿勢にも気を付けましょう。姿勢を正しくすることは、表情じわを作らない最初の一歩になります。
最後に真皮しわですが、これは度重なる表情じわによって、それが皮膚の深部にしっかりと刻まれてしまったものです。こうなるとスキンケアなどではなかなか改善されません。
加齢や紫外線が原因と思われがちな真皮じわですが、実は直接的な原因は、それらの外部的な刺激によって皮膚に含まれるコラーゲンの弾力が失われることです。
があると言うことになります。その方法としては、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ベータカロチンの摂取が効果的となります。特にビタミンCはコラーゲンを生成する上で必須の栄養素ですので、これらをより多く含んだ食品や化粧液を使って真皮じわの改善に取り組むと良いでしょう。