仙台でのヒアルロン酸注入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台で目元を若返らせたいと思ったら、やはりヒアルロン酸注入がおすすめです。しかし、身体に注入するのですから、それが一体どんなものなのかきちんと知っておくべきでしょう。それではヒアルロン酸とはそもそも何なのでしょうか。
ヒアルロン酸とは、学術的にはグリコサミノグリカンというムコ多糖の一種であり、保水性が高く、その保水性が粘性を保っています。元々人や脊椎動物には身体全体に分布しており、皮膚・軟骨・眼球などで重要な役割を担っています。以上のようにヒアルロン酸は人体に備わったものであり、仙台で美容にためにヒアルロン酸注入をすることは、決して危険ではないということです。

ヒアルロン酸の役割

1グラムのヒアルロン酸は、大体6リットルの水を保持できると言われています。つまりそれだけ保水力が高いのです。そのために、皮膚ではその保水力で乾燥を防ぎ、細胞組織を保護する役割を持っています。また、水分を保持することで粘着性が増し、それによって関節の摩擦を防いでくれます。そして軟骨の機能維持にも役立っています。なお、紫外線によって皮膚にあるヒアルロン酸やコラーゲンは傷み、75歳になると19歳の人に比べて、およそ25パーセントも減少していると言われています。老化は表皮からヒアルロン酸を減少させます。しかし、真皮部分にヒアルロン酸が残っていれば、それが皮膚の水分低下や弾力性の低下、あるいは萎縮を防ぐことができます。
ヒアルロン酸は、食べることでも補うことができます。食材に含まれているものとしては、フカヒレ、鶏手羽、山芋、オクラなどがあります。ヒアルロン酸を食べることで得られる効果は、まだ未知数の部分もありますが、以上の食材は他にもたくさんの栄養素が含まれていますので、多少の効果はあると思われます。

ヒアルロン酸注入で目元から若返る

ヒアルロン酸は保水力が高いために、それを注入することで様々な効果が期待できます。まず、シワやたるみが改善されますし、皮膚の凹んでしまった部分をボリュームアップすることもできます。美容外科で使用されているヒアルロン酸は、様々なメーカーで作られたものが使用されていますので、治療を受ける人の症状や悩みに合わせて薬剤を使い分けることになります。
ヒアルロン酸注入が良く行われている例としては、涙袋を作りたい場合や、くぼんでしまった眉の下を改善したい人、あるいは下まぶたのくぼみが気になる人などの例があります。ヒアルロン酸を注入することで目の周りがふっくらと豊かになりますから、それだけ若返って見えるのは当然と言えます。

YD-APSメンバーというシステムがあり、術前と術後の写真等を手術結果の写真として使用されても大丈夫な場合はメンバーになる事で、治療に必要となる料金が割り引かれて、お得に手術等を行えます。 プログラムによっては、自宅でもケアができるようなコースも用意されています。 目の周りのお悩みを解消して若々しい目元にしたい方におすすめです。 ヒアルロン酸注入を仙台でお考えの方はよだ形成外科クリニックへ